ゆっくりといきます。

アクセスカウンタ

zoom RSS 終わっちゃったんですけど 平昌五輪(6)

<<   作成日時 : 2018/02/28 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カーリング娘の大快挙。
女子カーリング、銅メダル獲得。


画像



カーリング初のベスト4。準決勝に進んで、注目の試合となった。
選手の方言が可愛いと『そだねージャパン』との声もあり、また、ハーフタイム中の『もぐもぐタイム』癒やされるなど、競技外のところでの話題の方が大きかったかもしれない。
ベスト4がトーナメントで戦う準決勝。予選1位通過の韓国との対戦となった試合は、第1エンドに3失点というビックエンドを作られて、前半リードを許してしまった。後半追い上げ、第9・第10エンドで追いついたが、エクストラエンドで1点を取られて敗れてしまった。対韓国戦は予選でも第9・第10エンドをスチールするという粘りで勝利したが、準決勝では敗れた。

3位決定戦は、予選で負けているイギリスが相手。
イギリスはなんと言っても、スキップのイブ・ミュワヘッド。19歳から3大会連続で五輪出場している世界的スキップ。ソチ五輪でも銅メダルを獲得している強豪。
試合は、共に1点づつを取り合い、8エンドが終わって3対3。
ここからは、優位に試合をするために、10エンドの先攻、後攻も考えての試合展開が必要になる。が、それが仇になるときもある。
第9エンドは、イギリスがその策に溺れたか…。ブランクエンドも視野に入れていたが、日本がこのエンド1点スチール。
第10エンドは、2点取りたいイギリスと、1点に抑えてエキストラエンド後攻を取りたい日本。この攻防は見応えもあったけれど、個人的には胃が痛くなっちゃうくらいしんどい。見ているだけで辛くなるのに、当の本人たちは笑顔。
予選9試合、準決勝そして3位決定戦と楽な試合はなかったし、苦しい場面はたくさんあった。それでも笑顔で乗り越えていく彼女たちの強さは、驚くばかりです。


画像



そんな彼女たちは、イブ・ミュワヘッドの最後の一投をどんな思いで見ていたのでしょう。
イブ・ミュワヘッドの最後一投は、ミスとなって1点スチールとなって、日本が勝った。
最後の一投は、置きに行くドローショットでNo1を目指しても良かったと思うのですが、「勝負を決めるショットは得意のショットで」なので、テイクショットを選んだと思うのですが、いえいえ結果論を述べても意味がない。
ただ、最後の一投まで、勝負の行方が分からない試合を乗り越えたLS北見のメンバー・スタッフ全員に、ご苦労様でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
終わっちゃったんですけど 平昌五輪(6) ゆっくりといきます。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる