ゆっくりといきます。

アクセスカウンタ

zoom RSS レミオロメン

<<   作成日時 : 2006/02/04 18:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、『1リットルの涙』の話をしたので、今日は“レミオロメン”。

彼らを知ったのは、やはり『1リットルの涙』でした。それ以前にも、どこかでややこしい名前だということで、目にしたことはあったかもしれないが、ハッキリと知るようになったのは、『1リットルの涙』でしょう。

ドラマと共に、あの挿入歌「粉雪」によって、ボクはどれだけ泣いただろう。それこそ「1リットルの涙」だったかもしれません。いまだに、録画を見ながら泣いています。
“レミオロメン”の知っている曲は、「粉雪」「3月9日」とシングルCDに入っている「No Border」だけなんですけど、いい詩を歌っていますねぇ。

『1リットルの涙』の主題歌「Only Human」よりも、人気が高いのも分かる。今の時期には合っているし、今でもチャートの上位にいるのも、当然かもしれない。

亜也さんが、いないときにクラスのみんなで亜也さんについて話し合いをする。そこへ忘れ物を取りに戻ってきた亜也さんが、聞いた現実。忘れたノートを持って教室を去る亜也さん。追いかける遥斗。車いすの亜也さんと遥斗。雪が舞ってきて、二人が別れる。その後、亜也さんがいよいよ養護学校に転校を決することになるのですが、この場面に流れていた「粉雪」は最高でした。今こうして書いているだけでも、涙が出てきちゃう。オジさんはダメだなァ。
この後に、ボクはCDを買いました。そして、80分のMDに「粉雪」だけを録音して聞いてました。今も聞きながら書いています。こうして聞いているだけで、『1リットルの涙』の場面が浮かんできちゃうんです。

「粉雪ねえ時に頼りなく心は揺れる
 それでも僕は君のことを守り続けたい」
いいフレーズだなァ。
でも、ボクには守るべき君はいないんですけど……。
いるのかねぇ、この世の中に。
ボクの守るべく君はいずこに〜〜〜〜。

今後は、冬に聴きたい曲に必ず入る曲でしょう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レミオロメン ゆっくりといきます。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる