ゆっくりといきます。

アクセスカウンタ

zoom RSS 陸上 第102回日本選手権

<<   作成日時 : 2018/07/08 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サッカー日本代表が、コロンビアに勝利して、予選突破の可能性が大きくなって盛り上がる頃、陸上日本選手権は開催された。

画像



現在、陸上の注目はなんと言っても短距離。
リオ五輪、400mリレーでアメリカよりも先着して銀メダルを獲得。
そして昨年、桐生祥秀選手が、とうとう10秒の壁を破って、男子100mが俄然盛り上がっている。
桐生祥秀、山縣亮太、ケンブリッジ飛鳥、多田修平の4人が揃って決勝に進出。残念ながら昨年の覇者、サニブラウン・ハキームが欠場となってしまったが、それでも、記録の期待も膨れる決勝のレースとなった。

勝ったのは、山縣亮太選手。
タイムは、10秒05で、残念ながら10秒の壁は破ることはできなかったけれど、良いレースでした。
今後も男子100m、注目です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
陸上 第102回日本選手権 ゆっくりといきます。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる